Top >  製袋 >  巻取り自動製袋

巻取り自動製袋

フレキソ印刷、オフセット輪転印刷など巻取り紙で印刷した場合には、
巻取り機械製袋機で加工することが出来ます。

これは巻取り紙を自動的に断裁しながら、
紙袋の形状に加工する方法です。
(ヒモも同時に取り付けることができます。)

高速で袋加工が出来ますので、コストが安価で済みます。
但し、ヒモの形状が自動製袋専用のものに限られます。

また用紙も晒、片艶晒等の製袋専用紙に限られます。
コート系の紙は製袋紙のエスプリコートでも不適です。

PPフィルム貼り加工をご希望の場合は、
紙ではなくて、フィルムに印刷した後、
フィルムと紙を貼り合わせる加工をします。

フィルム印刷はグラビア印刷機で行います。
このフィルム印刷の長所は、印刷にムラが起きにくいことです。
それはフィルムの表面は紙よりも平滑だからです。
したがってベタ印刷は美しい仕上りになります。

最もコストパフォーマンスに優れた巻取り自動製袋です。

展示会紙袋・ショップ手提げ袋のオリジナル製造販売

紙袋イメージ画像2

製袋

紙袋の専用製造機で袋状に作り上げます。それを製袋(せいたい)加工といいます。

関連エントリー

ストーンペーパーの紙袋 巻取り自動製袋