Top >  紙袋の見積 >  ストーンペーパーの紙袋

ストーンペーパーの紙袋

最近ストーンペーパーの紙袋の取り扱いが話題になっています。
近年ファッション界で女性の注目を浴びているショーの
東京ガールズコレクション、神戸ガールズコレクションの公式バッグにも採用されています。

台湾の龍盟科技股份有限公司という製紙メーカーが開発しました。
エコの理由は原料が100パーセント非木材パルプだからです。
100パーセント石の粉(炭酸カルシウム)が原料になっています。

しかし炭酸カルシウムだけでは紙の状態になりませんので、
基材として合成樹脂(ポリエチレン)があります。
そして製紙工程で添加剤として合成樹脂を混ぜて製造します。
製品のストーンペーパーになったときには、
炭酸カルシウムの割合は80パーセントになります。

ストーンペーパーは木材が原料でないだけでなく、
もうひとつの観点でエコといえます。

それは従来一般の紙を使う代わりにストーンペーパーが使われたら、
その紙の分だけを原料の木材の消費が抑えられるわけです。

そして製造する工程にも従来の紙と大きな違いがあります。
紙は製造する際に大量の水を必要とします。
国内の製紙工場が川のそばや海のそばにあるのはそのためです。

ストーンペーパーはパルプを白くする漂白剤や薬品が必要ありません。
そために水質汚染の心配がないのです。

現在ストーンペーパーは国内で製造されていません。
台湾メーカーから契約している商社を通じて販売されているのです。

印刷適性は当初はよくなかったのですが、
その後印刷会社からの情報を取り入れて改良されました。
現在ではカラー印刷の再現性も問題ないレベルになっています。
しかし、普通紙よりも重いので印刷機の扱いが難しいのです。

普通紙に比べてインキ調整も必要になっているので、
簡単に印刷できるとはいえません。
つまり簡単にどこの印刷会社でも印刷できることはありません。

ストーンペーパー印刷の経験を積んだ会社しか扱うことができません。

また紙袋に加工する際も普通紙と同じようにいきません。
第一に糊付の課題があります。
ストーンペーパーは製袋機用の糊ではひっつかないのです。
製袋機の糊は速乾性ですが、それでも無理でした。
もっと強力な糊を使うと加工は可能ですが、
製袋機の調整が難しくなるのです。
一般の紙袋とストーンペーパーのものではセットが異なります。
ストーンペーパーをセットしてから一般に戻すには
大変な時間がかかるのです。
そうなるとセット変え2回分の料金も加算することになります。
それよりも手加工したほうが安くできるのです。
現在のご注文量では何の支障もありませんので
納期通りに普通に加工することができるのです。

お問合わせ、お見積もりをこちらから

展示会紙袋・ショップ手提げ袋のオリジナル製造販売

紙袋イメージ画像2

紙袋の見積

紙袋の見積は、印刷・用紙・加工・手付け・数量などで計算されます。

関連エントリー

展示会用の見積 品質保証について 見積の際のデザイン お支払いについて ストーンペーパーの紙袋 クラフト紙の値上げについて 晒クラフト紙 エスプリコート紙 リュオーコート紙の値上げ 片ツヤ晒クラフト紙 ストーンペーパーの紙袋 クラフト紙の値上げについて ストーンペーパーの紙袋 巻取り自動製袋