Top >  ヒモ加工 >  自動手付けOFJ

自動手付けOFJ

紙袋のヒモには、OFJ方式というものがあります。
OFJの手付けヒモの特徴は紙袋に穴を開けないで糊でヒモを付ける点です。

ヒモの取り付け方法には、全自動機械加工と人間の手加工の2種類があります
OFJ方式は自動の機械加工なので、手加工よりも安価に加工ができます。

ヒモの種類は、紙三本、紙単紙、PPヒモ、スピンドルヒモがあります。

スピンドルヒモは穴を開けるタイプの同じ名称のヒモがございます。
OFJ方式のスピンドルは細くて芯があえうのが特長です。

フレキソ印刷の自動製造袋も全自動ですが、
こちらは袋の上部がギザギザのノコギリ状に切れています。
それが安っぽく見えてしまう原因になっているのですが、
コストが安い理由でもあるのです。

それと異なりOFJ方式は袋の上部が折り返しになっていますので
口部分がしっかりしており高級感があります。
OFJ方式の製造ロットは1000枚以上です。
フレキソは8000枚以上ですから製造ロットも少なくてよいのです。

フレキソはオフセットよりも品質が低いので安っぽいとお考えなら、
印刷品質の高いオフセットで印刷するOFJ方式の紙袋をご検討ください。

展示会紙袋・ショップ手提げ袋のオリジナル製造販売

紙袋イメージ画像2

ヒモ加工

紙袋のヒモにはハッピータック、PPヒモ、スピンドル、紙単紙などがあります

関連エントリー

ハッピータック PPヒモ スピンドルヒモ ヒモの値上げについて 自動手付けOFJ