Top >  最初にお読みください >  用紙の値上げについて2

用紙の値上げについて2

紙袋の主な用紙には、晒クラフト、エスプリコート、リュオーコートがあります。

2007年は晒クラフトが1回目の値上がりになりました。

そのままでは落ち着かず、2008年2月に2回目の値上げがありました。

各製紙メーカーが一斉に値上げしたので回避する方策がありません。

そして2008年8月にはエスプリコート、リューオーコートについて

10パーセントの値上がりになりました。

これは石油価格の上昇が大きな要因となっています。

紙を作る製紙の工程では石油を大量に消費するからです。

またガソリンの値上げは輸送コストの上昇になっています。

紙の消費というのは景気に大きく左右されることもあり、

この不況が続く中で値上げの要望が前からあったのです。

紙の消費低迷を生産数ダウンで補うという計画があったようですが、

あまりにも流通が少なくなったので市場に紙在庫のだぶつきが解消されなかった。

その影響で値上げ要望が実現されなかったようである。

ここに至って漸く過剰在庫が解消されてきたので

値上げに踏み切ったということである。

紙は20年近く低価格に抑制されてきたので

やむおえない感じもします。

用紙の値上げは紙袋単価として5円ほどアップすることになります。

ご理解いただきますようにお願い申し上げます。

展示会紙袋・ショップ手提げ袋のオリジナル製造販売

紙袋イメージ画像2

最初にお読みください

紙袋のお取引について、法人企業様だけに限定していることの説明

関連エントリー

見積希望の方へ 個人のお客様へ 紙袋製造方式と仕様の違い 用紙の値上げについてご案内 用紙の値上げについて2