Top >  紙袋サイズ >  規格サイズについて

規格サイズについて

紙袋の寸法には特別な決まりはありません。
お客様が希望すれば、どのようなサイズでも作ることができます。
ただし、コストを考慮する効率のよい規格があります。

紙袋とは、元々1枚の広げた紙を折りたたんで作るのです。
この原紙には、ハトロン判、四六判、菊判という規格があります。
晒クラフトは、ハトロン判、四六判があります。
そしてエスプリコートにはハトロン判、四六判、菊判があります。

たとえば、ハトロン判は、縦1200ミリ、横900ミリの紙です。
この紙をまるまる1枚使って紙袋を作ると次のようになります。
高さ450ミリ、正面350ミリ、マチ220ミリ
このサイズは婚礼袋(こんれいたい)といわれています。
結婚式の引出物を入れる規格といわれいます。

またハトロン判の用紙を半分に切った場合は次のようになります。
高さ450ミリ、正面320ミリ、マチ110ミリ
これが最も基本になっている規格なのです
これを正寸(せいすん)とか定寸(ていすん)と呼んでいます。

このように印刷用紙の規格が、紙袋のサイズを決める元になっているのです。

そして、加工する機械はその定寸に調整してありますので、
形の決まったものだけを作る方が製造工程としても効率が良いのです。

そのために機械は常に規格サイズを優先して製造するようにしております。
ただしサイズ中で天地は450ミリが400ミリになっても構いません。

それ以上に短くても問題がありませんが、極端に短いと機械で加工できません。

天地サイズは短くても300ミリを目安にしてください。
それよりも短いサイズの場合はご相談ください。

準規格サイズについて
A.高さ300ミリ、正面220ミリ、マチ65ミリ
B.高さ350ミリ、正面280ミリ、マチ80ミリ
このサイズも製造効率が良いサイズです。
A.はハトロン判の4分の1の用紙で製造できます。
B.四六判の2分の1の用紙で作れるのです。
用紙を無駄なく使うことができますのでエコにもいいですよ。

規格サイズのメリットは、小ロットでも機械貼りができることです。
500枚から機械加工することができます。
その分のコストが安くなるということです。

他のサイズでは、2000枚以上の注文ロットで機械貼りになります。
2000枚以下は人間の手で加工しますので加工賃が高くなります。

2000枚以下の場合は規格というものを考慮してご注文されるのが
良いと思います。

お問い合わせ、お見積もりフォーム

展示会紙袋・ショップ手提げ袋のオリジナル製造販売

紙袋イメージ画像2

紙袋サイズ

オリジナル紙袋のサイズはいろいろございます。その中でも経済的なサイズもあれば、非効率なサイズもあります。いずれにしても、途中で変更することができません。

関連エントリー

規格サイズについて