Top >  ヒモ加工 >  スピンドルヒモ

スピンドルヒモ

スピンドルヒモ スピンドルヒモはアクリル製の布ヒモです。 手触りがやわらかいので、多少重いものを入れても 手が痛くならないことが特徴です。 PPヒモと比べると随分高級感があります。 高級感を要望される場合にはぴったりのヒモです。 太さには4×4、6×6、8×8、10×10、12×12、14×14などがあります。 正面幅220ミリ程度のサイズの場合は8×8で、 正面幅300ミリ以上の紙袋になると10×10が標準です。 肩下げになるような大きさの紙袋は12×12を使います。 その他お客様のご希望に応じて太さは変えることができます。 通常のヒモの長さは、45センチメートルにカットしたものを使います。 本体に穴を開けてヒモを通し、内側のほうに結び目を作ります。 そうやって穴から抜けてしまわないようにします。 結び目でヒモ長は短くなりますので実際の持ち手の長さは、 35センチくらいになります。 ヒモの長さもご希望により、自由に変えることができます。 片から下げるには75センチから80センチが必要な長さです。 スピンドルにはたくさんの色の種類がありますので ご希望のものはヒモ会社のサイトから見つけてください。

お問い合わせ、お見積もりフォーム

展示会紙袋・ショップ手提げ袋のオリジナル製造販売

紙袋イメージ画像2

ヒモ加工

紙袋のヒモにはハッピータック、PPヒモ、スピンドル、紙単紙などがあります

関連エントリー

ハッピータック PPヒモ スピンドルヒモ ヒモの値上げについて 自動手付けOFJ