Top >  紙袋印刷 >  オフセット印刷

オフセット印刷

紙袋印刷は大きく分けて、凸版印刷、平版印刷、凹版印刷の3種類の方式と
シルク、箔押しのような特殊なものがあります。
この中にはインクジェットプリンターやコピーは含まれていません。
カラーコピーやプリンターはインキがまったく異なるからです。

最初に凸版印刷とはフレキソのことで平版印刷とはオフセット、そして凹版印刷はグラビアと言い換えることが出来ます。

今挙げた3種類の中で一番美しい品質に仕上がるのはオフセット印刷です。
カラーやベタなどあらゆるデザインを美しく再現することができます。

グラデーションというデザイン表現は、色の濃度が徐々に変化するものですが、
これが印刷できるのはオフセット印刷に限られるのです。
網点の再現性が非常に細かくできるのが平版の特徴だからです。

グラビア印刷はカラー写真は美しく再現できるのですが、
残念なことにグラデーションは表現することが出来ないのです。

またフレキソは印刷品質が低いので、
カラー写真や高度なデザインはまったく出来ないのです。

フレキソは段ボールの印刷に採用され特徴を発揮しております。
そしてフレキソ印刷は大量・安価な製造に向いているので、
大量消費目的の紙袋製造に採用されています。
ファーストフードショップやデパートなどで見ることができます。

それではオフセット印刷について詳しく説明します。
オフセット印刷は専用の機械を用いて行います。
このオフセット印刷機は、巻取り方式と枚葉方式の2種類の機械があります。
巻取り方式の印刷機にはチラシなどの用途もものがたくさん稼動しています。
しかし紙袋専用の機械(オフセット輪転印刷機)は日本で2社しか保有しておりません。
西日本では当社だけが保有しております。
1.巻取り方式とは、紙袋の印刷用紙を巻取り紙の状態で印刷して、
再度巻取りの状態にする方式のことです。
巻取り方式の紙は、トイレットペーパーの巨大なものとイメージしてください。
幅が1m前後で、長さが2.000m、3.000mなどがあります。
2.枚葉方式とは、
巻取りの印刷用紙を規格のサイズにカットした用紙を印刷する方式です。
一般的にオフセット印刷といえば、枚葉方式のことです。大量のチラシを印刷する場合にも
オフセット輪転機(巻取り紙専用)を使いますが、その機械で紙袋は得意としません。
カットサイズの規格にはハトロン判(1200mm×900mm)、四六判(1091mm×788mm)、
菊判(939mm×636mm)などの種類があります。

オフセットは、カラーに優れているので、人気が高いのです。写真やグラデーションの
美しさは他の方式よりも優れています。
また印刷版についても、グラビアやフレキソと比べて、オフセット版は安価で扱いやすい
ことが特徴です。版代が安くできます。

お見積、お問い合わせフォーム

展示会紙袋・ショップ手提げ袋のオリジナル製造販売

紙袋イメージ画像2

紙袋印刷

紙袋の印刷には、オフセット印刷、グラビア印刷、フレキソ印刷の3つがあります

関連エントリー

フレキソ印刷 グラビア印刷 ベタ印刷のときに注意すること オフセット印刷 ストーンペーパーのメーカー