Top >  納期 >  オフセット輪転印刷の納期

オフセット輪転印刷の納期

紙袋をオフセット輪転印刷で作る場合の納期について説明いたします。
紙袋の製造工程は次のようになります。

オフセット印刷・枚葉袋の工程とほぼ同じです。
大きな違いは数量、製造ロットにあります。
オフセット輪転印刷は、ロール紙で印刷しますので、
細かな数量設定ができません。
ロール紙の本数単位の製造ロットになります。

1.使用用途により仕様とデザイン検討。(お客様)
2.仕様およびデザインからお見積もり。(当社)
3.お見積もり決定→製造契約。(お客様と当社)
4.デザイン制作(お客様または当社)
5.色校正(不要の場合もございます)
6.仕様・デザインの最終確認(お客様)
7.印刷
8.表面加工(仕様により無い場合もございます)
9.製袋
10.ヒモ付け
11.納品

1から6までが最低でも1ヶ月かかります。
簡単なデザインの場合は2週間でできることもございますが、
十分な確認ができないためにトラブルの原因になります。
納期は余裕を持って計画を立ててください。

オフセット輪転印刷で製造する場合は、製袋機の規格サイズが一定です。
機械の規格外サイズは製造することができません。
機械製造が可能なサイズはお問い合わせください。

オフセット輪転印刷の場合の製造ロットは、サイズによって変わります。
おおよそ8千枚から1万5千枚×本数となります。
したがいまして、少ない製造数には向いておりません。

当社で紙袋デザインを制作する場合は、以下のような形式になります。

1.最初のデザイン案の作成(2,3案を当社で制作)
2.PDFファイルをメール添付で送信(当社からお客様へ)
3.デザイン案の決定(お客様)
4.デザイン案の仕上げ・形態見本作成、お客様へ発送(当社)
5.デザイン・形態の確認(お客様)
6.色校正作成(当社)契約によっては無い場合があります。
7.色校正の確認(お客様)
8.製造開始(当社)

以上はオフセット輪転印刷の場合の納期です。

紙袋のお問い合わせ、お見積もりフォーム

展示会紙袋・ショップ手提げ袋のオリジナル製造販売

紙袋イメージ画像2

納期

紙袋の納期は製造方法により違いがありますが、早いもので2週間遅いもので2ヶ月くらいです。繁忙期には長くかかることもありますのでお早めにご手配するのが良いでしょう。

関連エントリー

オフセット印刷の納期 オフセット輪転印刷の納期