Top >  紙袋印刷 >  グラビア印刷

グラビア印刷

グラビア印刷は大ロットの印刷物を得意とする方法です。
週刊誌や月刊誌などのカラーページがある雑誌は身近なもののひとつです。

グラビア印刷の版は鉄製の中抜きの円筒形のものです。
この鉄製円筒形の表面は0.08から0.1ミリの厚みで銅メッキされており、
この銅メッキの層を彫って版にしているのです。

版が真円形をしているので、高速回転することができます。
だから大量の印刷物を短時間で効率よく処理することができるのです。

この鉄製の版は耐久性に優れていることが特長です。
耐久性が良い分だけコストも高くなっています。
オフセットの版と比べると、約10倍の価格になります。

金額にすると、1本(1色につき1本必要)あたり、4万円から6万円です。
カラー印刷の場合は4色ですから、20万円以上になってしまいます。

すれが理由でグラビアは小ロットには向いていないことが理解できます。
大ロットの注文を何度も繰り返すような製品に向いているのです。

オフセット版は安い代わりに使い捨てになっています。
しかしグラビア版は繰り返し50万枚でも100万枚でも使えるのです。
つまり何度も注文が繰り返される大ロットにはグラビアがよいのです。

またグラビア印刷は巻取用紙にも対応になっております。
大ロットですから巻取紙になっているので当然ですね。

グラビアとオフセットには印刷品質で異なることがございます。
オフセット印刷はグラデーション(徐々に濃くなっていくデザイン)がきれいに出ます。
グラビア印刷はグラデーションが出来ません。

グラビアはインキ層が厚く印刷することができるのでべた印刷が美しいです。
インキ層が厚いので色が鮮やかに見えるためです。
オフセット印刷はベタ印刷でグラビア印刷に勝てないです。

それとグラビアにしかできないことがあります。
それはフィルムやアルミに印刷することです。

パンや菓子、アイスクリームの包装資材フィルムはすべてグラビア印刷です。
食品包装資材はすべてグラビアが使われているのです。

紙袋でも表面加工で、PPフィルムを使います。
オフセット印刷の場合は、紙に印刷した上にPPフィルムを貼ります。
グラビア印刷の場合は、紙に印刷することもできますし、
逆にフィルムの方に印刷して、そのあと紙と貼り合わせることが可能です。

フィルムに印刷すると、インキが滲まないのでべたがきれいに見えます。
しかしフィルムに印刷して紙と貼り合わせるには大きなロットが必要になります。
こういった印刷方式の特徴と製造ロットを考慮して決めていくのです。

見積・お問い合わせフォーム

展示会紙袋・ショップ手提げ袋のオリジナル製造販売

紙袋イメージ画像2

紙袋印刷

紙袋の印刷には、オフセット印刷、グラビア印刷、フレキソ印刷の3つがあります

関連エントリー

フレキソ印刷 グラビア印刷 ベタ印刷のときに注意すること オフセット印刷 ストーンペーパーのメーカー