Top >  袋用紙 >  晒クラフト紙

晒クラフト紙

晒クラフト紙はその名前の通り、茶色のクラフト紙を漂白した紙です。

クラフト紙はもともと茶色の色をしています。

そのクラフト紙を漂白して、白くした紙が晒クラフト紙というわけです。

もちろん茶色のクラフト紙を紙袋にすることもあります。

しかし紙袋としては、晒クラフト紙のほうが圧倒的に多いのです。

そのために、紙の名前をクラフト紙と晒クラフト紙が本来の名称であるのに、

わざわざ、クラフト紙の前に、「未晒」と付けているのです。

未晒の意味は、晒していない、ということです。

元のままの茶色のクラフト紙という意味を表しています。

クラフト紙だけだと、間違いが起きやすいので、晒クラフト紙、未晒クラフト紙と
呼ぶのです。

むしろクラフト紙のほうを省略して、晒、未晒しと言ったりもします。

晒クラフト紙と未晒クラフト紙の表面は、紙の風合いがそのまま生かされています。

触ってみるとわかると思いますが、やさしい手触りが好まれています。

晒クラフト紙は白いのでどのような印刷にも適しています。

また繊維が長いので丈夫な紙ですから、製袋紙としても適しているのです。

サイズは、ハトロン判と四六判の2つがあります。

厚みの種類は、50,60,70,80,100,120g/があります。

紀州製紙、大王製紙、日本製紙など各社が製造しております。


 

紙の場合は厚みの種類を重さで表します。

 

紙袋のお問い合わせ、お見積もりフォーム

展示会紙袋・ショップ手提げ袋のオリジナル製造販売

紙袋イメージ画像2

袋用紙

紙袋の用紙には、包装資材専用の用紙を使用しております。紙袋専用紙は、一般印刷用紙と比較すると紙の繊維が長いものを原料にしているために破れにくいという特徴があります。

関連エントリー

晒クラフト紙 エスプリコート紙 リュオーコート紙の値上げ 片ツヤ晒クラフト紙 ストーンペーパーの紙袋 クラフト紙の値上げについて