Top >  表面加工 >  ニス引き加工

ニス引き加工

表面加工でニス引きがあります。

ニス引きはどちらかというと、印刷工程の加工になります。

印刷のインキをニスにしたというイメージです。

なぜニス引き加工をするのかというと、

インキの色落ちを防ぐためです。

印刷をした後に全体にニスを印刷します。

つまりインキの層の上にニスの層が重なるのです。

紙袋を手に提げていると、男性ならズボンの横の部分に

擦れることがあります。

力の弱い女性ならば、なおのこと擦ってしまいます。

紙袋のデザインにもよりますが、

印刷の面積が大きい場合やベタ刷りの場合には

色落ちの危険性があります。

インキが擦れて、万が一衣服に付着した場合には

クリーンニングでも取れなくなります。

PL法が施工されてから、製造者責任が厳しく問われることになりました。

それを防ぐためにもニス引き加工が必要です。

紙袋のお問い合わせ、お見積もりフォーム

展示会紙袋・ショップ手提げ袋のオリジナル製造販売

紙袋イメージ画像2

表面加工

表面加工には光沢PP貼り、マットPP貼りとニス加工があります。

関連エントリー

PPフィルム貼り ニス引き加工